さまざまな文章を代筆

スマートフォン用対応ページへ
 日本語の文章であれば、幅広い分野にわたるほとんどの文章に関して、作成支援や添削、代筆が可能です。
 手紙であれ営業案内であれ、あるいは、志望理由書であれ昇格論文であれ、わかりやすく説得力のある文章の基本というものは、皆、同じだからです。

 たとえば、具体的な事例や根拠をあげて書くということは、その基本原則のひとつです。当たり前の形式論や抽象的な理想論にはほとんど意味がありません。にも関わらず、抽象的な言葉を使って文章を書くことが、筆者の知性を表すことになるといった、とんでもない誤解をなさっている方が多過ぎます。具体的であることがいかに重要か、具体性こそ主張の説得力を増すものだということを、ページを改めて説明しますので、興味のある方はご覧ください。
具体的であることの重要性
 具体性の他、たとえば文章を読む人のためにも、書き手である自分のためにも、ワンセンテンスを長くし過ぎないことなども大切です。
 ところが世の中には、そういうごく基本的な原則が守れていない文章が多いのです。たくさんの接続詞を使った、長い長いセンテンスを書き、そのために主語と述語の関係がねじれてしまった文章は珍しくありません。そういう文章は読む者をイライラさせます。当然、読む者の共感も納得も得られません。
 推薦状で、「思想堅固」だの「刻苦勉励」だの、抽象的な美事麗句を並べ立てただけのものもよく見かけます。そんな推薦状に何の説得力もないことは、言うまでもありません。

 代筆サービスは、こうした文章作成の基本を忠実に守り、明快でわかりやすい文章、読む人を納得させる文章を作成します。
 もちろん、小説や詩のような芸術分野の文章はお受けできません。これは言うまでもないことです。また、そんな文章を代筆してくれと仰るお客様もないでしょう。

 よくお問合せをいただく文章について、分野ごとに若干のご説明をしてみましたので、詳細は右記の該当ページをご覧ください。

 なお、文章1件あたりの文字数が300字以下のご注文はお受け致しておりません。
理由など詳細は、よくあるご質問と回答をご覧ください。