お申込から納品までの流れ


スマートフォン用対応ページへ
1 お申込・お問合せフォームに必要事項をご記入の上、送信していただきますと、料金などをお知らせします。
これ以降、仮納品・本納品・納品完了も含め、やり取りは原則としてすべてeメールです。
2 お客様から、「発注」のご連絡をいただき、当サービスからもお受けする旨をご連絡します。ここで発注が確定しますが、まだ料金のお支払い義務は発生しません。
3 当サービスからの質問にご回答いただきます。また、文章作成の材料となる資料、メモなどがあれば、ご送付いただきます。
この作業の途中で、お客様都合によるキャンセルをなさいますと、キャンセル料金が発生します。
4 代筆または模範文例作成を行なった上、その一部を伏せ字にしてお送りします。これが《仮納品》です。
5 お送りした、一部伏せ字の文章で出来ばえをご確認の上、納得いただけましたら、指定の口座に料金をお振込み願います。
出来ばえにご不満の場合、あるいは全面的な書き直しをご希望の場合は、次のうち、どちらかをお選びいただきます。

(1)その時点で、「不採用」としていただいて結構です。「不採用」とだけ、ご連絡くだされば、どんな料金も手数料も不要です。

(2)具体的にどのような内容を希望なさるのか、あるいはどの点にご不満なのか、お知らせください。検討の上、お返事させていただきます。

6 お振込みを確認しだい、代筆文・模範文例の全文をお送りします。これが《本納品》です。
個人別模範文例作成サービスでは、この《本納品》が、《納品完了》です。オプションにて、添削も承ります。
7 一般代筆サービスの場合は、お客さまのご希望をお聞きし、さらに修正を行ないます。ご指定またはご同意いただいた納品完了期限内であれば、修正のご対応回数に制限はありません。また、1回あたりの修正項目数や修正箇所数にも、一切制限はありません。1回につき何項目、何箇所の修正要求をしていただいても結構です。
ただし、全文を根本的に書き換えたり、構成を大幅に変更したりする修正はお受けできません。そうした修正には別途料金が発生します。
これで《納品完了》となります。

■上記のご説明は、リライトサービスおよびQ&A式代筆の標準的なご注文についてのものです。
■創作代筆、および文字数が極端に多いご注文やお電話によるご注文など、特殊なご注文は、料金の一部を着手金としてお支払い願います。着手金は当サービスの責任により仮納品できなかった場合を除き、ご返還しません。金額などはお申込・お問合せの際、お知らせします。
■納品までに必要な日数については、「よくあるご質問と回答」をご覧ください。

◆金融機関の休日への対応◆

 お申込みから納品までのスケジュールの中で、仮納品からご入金、全文ご送付(本納品)にいたる時期に、土曜/日曜など金融機関の休日が重なることがあります。
 この際、期限に余裕がない場合は、金融機関の休日前に、予定の料金を仮入金していただきます。
 仮納品後、「採用する」旨のご通知をいただき次第、全文をご送付します。
 仮納品の文章にご不満で「不採用」とされる場合は、その旨とご返金用の金融機関口座をお知らせ願います。「不採用」のご通知をいただき次第、仮入金していただいた金額をご指定の口座に返金します。ただし、送金手数料はご負担願います。